masatele blog2009年08月
masatele blog
都会とお琴とテレマークスキーをこよなく愛する、 プロテレマーカー稲垣勝範のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/10シーズンインしたよ!
お盆休みの怒涛のラッシュも終わり、

遂に09/10シーズンインしました!

って・・・?

どこで?

あなた妙高にいるんだよね?

ええ・・・。

まあ・・・。

妙高にいますが・・・。

何か?

ということで、今日は久しぶりにスキーしに行ってきました

まあスキーといっても、

サマースキーin岩岳

なんでプラスノーですが・・・。

何か?

まあこんな感じっす
P1010777.jpg
前を走ってるのはピステンという雰囲気だけの草刈機

プラスノーを滑るのが初めてだったもので、

何持って行っていいのか分からず、

とりあえず色々と検討したのですが、

最終的に滑るパンツを忘れ・・・。

履いてきたジーンズでやったとさ
P1010778.jpg
何だか夏に履くスキーブーツって、

微妙・・・。

とか言いながら楽しんで滑ってましたが

何か?
P1010779.jpg
まあ何であれ、やっぱり雪ではなくプラスノーですから、

滑る感覚は味わえるんですが、

何だか不思議な感じでした。

ここ岩岳はサマースキーの歴史を感じるというか、

少し放置状態?なのか所々マットの繋ぎ目なんかが、

浮き上がっていて引っかかったりして、

結構怖い思いをしたりして

だって転ぶと・・・

リフト乗り場とかに敷いてあるイボイボマットが待っているんですから

ちなみに、

完全メンテされているところはここより断然に滑りやすいみたいです

というわけで、

なぜmasateleが珍しくこんな事をしているかというと、

月末にタナベスポーツさんのお仕事で、

スキーのコーチングで兵庫に行くんですよ。

詳しくはこちら

というわけで、人生初のスマースキーをしてきたmasateleでした。



もし良かったら皆さんもぜひ参加してくださいね

masatele



スポンサーサイト
オリジナルJBLスピーカー
だいぶ前に完成していたのですが、

オリジナルの

JBLスピーカー

を作りました。

ユニットはカースピーカー用のJBL P650c

16cmの2WAYスピーカーだ。

JBLオリジナルネットワークも付いていて、

高価なイメージのJBLだがこちらは比較的お手ごろ価格なユニットだ。

いろいろと調べた結果、

製作するBOXの容量は40ℓ前後のバスレフがよさそう。

実はこのユニットはすでに自分の愛車で使っていて、

その小気味いい音と、

いかにも!というJBLらしいアメリカンサウンドが、

非常に気に入っているため、

ホームで使うとなると、

音の良さというよりも鳴りっぷりにかなり期待できる。

という感じで、

あーでもない、こーでもないと言っている作るまでがまた楽しかったりする。

でいざ作ってみるとこんな感じだ。
P1010756.jpg
色も塗っていないが下書きさえ消せば、

このままでもいけないか・・・。
P1010747.jpg
下段スピーカーはJBL MODEL 4612Bで、

これはこのスピーカーの役目というか、

目的色がはっきりしていて、

アコースティックな音楽やヴォーカル色の強い音楽にはどんぴしゃ!

それ以外だと分解能力の高い澄んだ音なんですが、

迫力には欠けるんです。

迫力云々ではないありのままっていうところがはっきりしていて好きなんです。

というわけで、

今はこの2本で使い分けています。

となると??

オリジナルのほうも??

はい!

気に入ったのです!!

予想通りの鳴りっぷり。

R&BやPOPSなんかは最高にすばらしい。

そして映画を見るときはこっちで聴いています。

16cmとは思えない鳴りっぷりでびっくり

スーパーウーハーでも入れれば申し分ないんですが・・・。

まあインプレッションは想像以上でした。

スピーカーってのは鳴らしてみないとわからない、

だから選ぶのも楽しい。

特に作るとなると素材ひとつで音が変わるし、

BOXの容量に始まりすべてで音が変わる。

実験?みたいなものですかね??

やっぱり面白いっす

そして予想通りもしくはそれ以上で鳴ったときは最高ですよ

イイ音への追求(自己満

止まりません。

masatele
若干29歳、少年の夏休み
カブトムシ

男の子なら誰しもが1度は飼ったことがあるんではないでしょうか?

雑木林に探しに入ったり、

蜜や罠を仕掛けて採りに行ったり、

捕まえてきてはクワガタとバトルさせてみたりしなかったですか?

子供のころの夏の風物詩!!

といっても過言ではないんでしょうか?

そんなカブトムシ、

昨年の今頃は僕は「カブトムシお兄さん」

をしておりまして、

働いているゴルフ場内の雑木林に子供達と入って、

カブトムシやらクワガタやらを採っていたんです。

まあ、虫取りツアーってのを都会の子供たちにやってたんで

今年はそのツアーもなくなってしまったんですが、

敷地内の雑木林には天然でいっぱい居るので、

日がどっぷり暮れてから捕獲しに行ってきました。

捕獲作戦には2人で行ったんですが2人とも四捨五入して30歳のピーターパン

ヘッドランプと片手には網、

そして首からは虫かご!

もちろん夏休み定番セット持って

童心に戻り昨年から目をつけていた楢の木周辺を捜索。

なんだか小さい頃の記憶では、

カブトムシ捕まえるのって大変で、

1匹か2匹をやっとのことで捕まえたって感じだったと思ったんですが、

そこには・・・・・・・・・・・。
P1010774.jpg
こんな感じでいました!いました!

カブトムシだけでしたが計14匹

しまいには車のライトに飛んでくる始末。

楽勝で捕獲できすぎて意表突かれましたが、

ピーターパン達はテンション上がりまくり

ガサゴソと籠の中でカブトムシの動く音を聞いて、

子供じみてるけど、

大漁!大漁!とついつい笑みがこぼれちゃうんです

何だかツアーに参加していた保護者の方たちの気分がわかりました。

そう!

ツアーの時なんかお父さんの方が必死になって探してるんですから

カブトムシ探しをしているお父さんを横目に子供の面倒は僕・・・。

可愛い我が子をそっちのけで探すお父さん。

たかがカブトムシされどカブトムシ

カブトムシは男の子の永遠の憧れなんですね!

ってことで始まりますね、

老若男女誰もが楽しい夏休み!

今年もくれぐれも怪我や事故のないように楽しみましょう。

masatele



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。